3病棟3階

主に循環器、消化器内科、整形外科、CCU、地域包括ケア病床と急性期から慢性期まで幅広い病態の患者さんを受け入れています。医師や理学療法士や管理栄養士など、他職種間で積極的にカンファレンスを行い、早期に退院できるように援助を行っています。

地域包括ケア病床では、退院調整を必要とする患者さんや、レスパイト入院の患者さんを受け入れています。院内にある地域連携・入退院支援センターと連携を図り、患者さんやご家族の意思決定支援をし、安心して退院し暮らしていけるようにチームで関わっています。

3病棟2階

小児科、内科の混合病棟です。生後まもない赤ちゃんから、100歳の方まで幅広い年齢層の方が入院しています。

小児科は当該地域の小児医療の中心的存在として、特にアレルギーや感染症の治療に力を入れています。小児科の病室は、入院による緊張感をほぐし、心を和ませるようにとボランティアの方が、部屋ごとに壁紙をパステルカラーに染めて頂きました。スタッフ一同患者さんやご家族との対話を大切にし、安全・安心なして療養生活が送れるように丁寧な対応を心がけ看護をしております。

2病棟2階


外科(ICU)・泌尿器科病棟です。コロナ禍で病棟再編後は、各診療科の急性期・慢性期・終末期の患者を受け入れるようになり、非常に高いスキルが必要となっています。チーム間で連携を取り合うことはもちろんですが、これまで経験のない患者を受け入れるときには、他病棟とも連携し、患者さんの安全・安心を担保できるように看護しています。

外来


「病院の顔」として、当院を訪れる患者さんやご家族の方に寄り添い、思いやりをもって、安心して外来受診ができるように心がけています。

また、住み慣れた地域で安心して暮らしていけるように、慢性疾患を患っている患者さんの重症化予防のため、他職種と連携をし取り組んでいます。

中央材料室・手術室

患者さんが安心して手術を受けられるように、術前術後の訪問を実施し、安全で円滑な手術が行われるように取り組んでいます。手術室スタッフは中央材料室も兼務しています。